なぜ会社の登記・法務なのか?

なぜ会社の登記・法務なのか?

まず、登記制度というのは、何かが決まって実行されたことを公示する制度です。
この登記に至るまでの順序を図にすると、
  • 検 討
  • 決 定
  • 実 行
  • 登 記
となります。

会社の登記・法務は、最初の検討段階から関わることが多く、経験値の差が出やすい分野です。
ですので、最初の検討の段階で、数ある選択肢の中から最善の方法を提案することができる経験豊富な専門家に依頼することをお勧めします。
実行に至ってから法的な不備が見つかってしまうと、結局無効になってしまい、一からやり直しという事態もあり得ます。

特に20代、30代の若手起業家のサポートに力を入れています。
自分自身も20代で若くして独立し、経営についても学び実践しているなかで、色々な悩みや不安を抱えながら日々試行錯誤を続けています。
そんな中でいつしか、自分と同じ世代でリスクをとってやりたいことに挑戦している若手起業家をサポートしたいという想いが沸いてきました。
高齢化社会が進むなかで、若い世代の影響力が小さくなるなか、熱い若手起業家をサポートし、若い年代から日本を元気にしたい、世界を変えるイノベーションを起こすお手伝いをしたいと思っています。
なぜ会社の登記・法務なのか?